低温倉庫は、500坪規模の低温設備と加湿機の装備がなされております。
そのため、夏場において常時10℃から15℃の一定温度を保つことが出来ると
共に、必要によっては加湿することも出来ます。
この高い低温管理機能が評価され、現在では、米・有機輸入麦をはじめ雑穀類
および大手、化学フィルム・化成品メーカーの夏場の保管対象品などを長年管理
させて頂いております。
原料の保管・管理に当社の低温倉庫がもっています高い低温管理機能を活用
していただき、より一層、良品製造に集中していただければと思います。

低温倉庫(10〜15℃)